KEMU DRILLER 2014

| コメント(0) | トラックバック(0)

hp.jpg

まず、
近年、フラフラしていた私の話を聞き入れてくれた、ガウラクラフトさんに感謝します。

この時代に生まれた事を誇りに思う。
日本のハンドメイドルアーが、世界でも類を見ない特別な釣り具となった今、
その黎明期と言うタイミングで、ルアーを創れた事を。

ただガムシャラに、いろんな事を試し、いろんなルアーをデザインし、
いろんな釣り具を買いあさった20代は、自分では自分の作っている物を評価できず、
知らない間に、革新的なアイデアに行き当たっていたようだ。

ドリラーシリーズのオーバルホールペラは、今や沢山の類似品を世に送り出すキッカケとなり、
アングラーズスタンダード社、ティムコ社、レイドジャパン社、イマカツ社、
私から見れば巨大な企業ばかりが、
いまでは他社であるヒヨコのシールをパッケージに貼って販売していただけるまでとなった。
ルアーの未来に新たなジャンルを付け加え、ルアー業界の風潮を少しだけ変えたような気がする。
正直なところ、うれしい。

すでにオーバルホールペラの存在自体知らない人もいると聴きます。
だまされたと思って一つ買ってみてください。
あなたの釣りの概念を根底から覆すこと間違いないです。

業界が沈むと、イノベーターは少なくなり、仲間の結束も揺らいできます。
トップ業界に過去のような元気は無いけれど、ヒヨコは違うスタイルで新たな道を模索しています。

秘密基地ジャブローが完成したら、また皆さんに楽しんでいただけると思います。

そうそう、場所は秘密です。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hiyoko.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2988

コメントする

コンタクト

リンク

アーカイブ

Facebook
山科 和史



Facebook
HIYOKO BRAND



new!


モバイル ヒヨコ


Japanese<-->English


このブログ記事について

このページは、HIYOKOが2014年5月13日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しい箱」です。

次のブログ記事は「HI-FI 2014」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。